読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらばよ、さらば

日常の事、日々のニュースで気になったことなどをつづるブログです。

夏場のスマホの発熱問題に救世主!

スマートフォン

f:id:hddrecovery:20160719124014j:plain

7月に入って最高気温が30度を超える日が多くなってきましたね。この季節になるとスマートフォンの温度が高くなりすぎて突然警告画面が表示されて使えなくなってしまった…なんていう経験をした方も多いのではないかと思います。

 

炎天下でもスマートフォンを使わざるを得ない状況ってたくさんありますよね。そこで様々なスマホ冷却用商品が店頭には並んでいます。そんな中でもこの夏一躍注目を集めているのが、PCM冷却材です。

 

このPCM冷却材というのは、28℃や32℃など、製品ごとに決められた温度になると固形化する、いわば「常温の氷」のようなもので、28℃の氷が数時間持続するものと想像していただけるとわかりやすいかと思います。このPCM冷却材で外出中にスマホを冷やしながら利用すれば、高温の警告画面でスマホが使えなくなる事態を回避することができます。

 

なお、ケーキなどを冷やすような保冷材などでスマホを冷やすのは危険なので絶対にやめてくださいね。スマホの中の精密機器が、外気と保冷材の急激な気温差によって結露を起こしてしまい、最悪の場合スマホ本体が故障してしまいます。PCM冷却材のように、常温に近い温度でゆるやかに冷やしてやることがコツです。

 

また、スマホを充電ケーブルに繋いで充電しながら操作すると高熱化しやすく、高温警告で使えなくなる危険性が高まるので特に夏の炎天下ではケーブルに繋いだままスマホを操作するのは避けましょう。

 

暑い夏、スマホの夏バテにも気を付けて快適にお過ごしください。